読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新卒1年半でやめて海外逃亡したやつのブログ

バンクーバーのあれこれ、留学情報、英語、映画、ガジェットについて

あなたはなぜ英語を学びたいのですか?

f:id:vanenglish:20160921114805j:plain


何かをするには理由が必ずあるはずです。もちろん「英語学習」しかり。英語を学習中の人、これから学習しようとしている人に聞きたい質問があります。

なぜ英語を学びたいのですか?

カナダ・バンクーバーに来る留学生を見ていて、「英語を話せるようになりたいんです」という方を多く見かけます。その意気込みは非常にいいことなのですが英語を学ぶ理由を明確に持っている人は少ないように思います。

 


ちなみに僕が英語を学ぶ理由は「日本でのキャリアアップのため」です。僕の持っているスキルセットとして日本語とWebデベロップメントがあります。ここに英語を加えることで自分の希少性を高めようと思い英語を勉強しています。(まだまだ両方とも未熟ですが。。。)

この英語を学ぶ理由ってのは人によっては「海外旅行を楽しむため」、「外国人の友達を作るため」、「日本に帰って外資系で就職するため」とか様々です。ただこの理由を持っていると自分の目指すレベルがわかるのでそれに合わせた学習に取り組む姿勢だとか方法などを考えることができます。

上記とは対象に英語を学ぶ理由がないとどういう風に勉強していいのかわからず、なぁなぁで勉強してしまいがちです。ですので英語を学んでいる人、これから学ぼうとしている人は今一度「なぜ自分は英語を学ぶのか」ということを考えてみてください。

今や英語は一つのツール

昔は英語ができる人というのは珍しくかなり重宝されていました。ただ今現在インターネットの普及により英語学習にかかるコストも低くなりましたし、学校で教える英語も進歩していくことで誰しもが英語を勉強するチャンスがあります。

そんな状況の中「英語を話せる」ということは以前に比べ希少性が低くなってきています。

これからの時代は「英語」×「何か」の掛け合わせでないと自分の希少性を高めることは難しく、「英語」だけで勝負できる人はもともとネイティブレベルの方に限ると思います。

英語を一つのツールとして考え、自分の強みをそこに掛け合わせてみてください。そうすることで英語学習がより自分のため、将来のためになると思います。

自分が学生の頃はこのような考え方ができなかったことが悔しくてたまりませんが、まだ学生の人や若い人は今一度自分のスキルセットを確認し、自分の希少性を高めていくことを目指して下さい。

それでも英語が好き

英語を話せる希少性が低くなっていると書きましたが、それでも僕は英語を話すことが好きです。将来のこととかスキルのこととかを抜きにして英語でコミュニケーションを取れることに未だに喜びを感じます。

Netfilixの洋画を普通に見ることができるし(ブリティッシュ英語はまだ微妙です)、Appleの発表会も普通に聞いて内容がわかります。これだけでも自分は英語を勉強して良かったと思いますし、これからも勉強を続けていこうと思っています。

英語を自分のスキルセットとして考えなくても全然いいのですが、英語を就職に生かしたいとか将来のために習いたいと思っている方は上記の「英語」×「何か」を意識してくれれば大丈夫です。

まとめ

英語学習に対しての自分なりの意見を書きましたが、僕が正解ではないですし、違う意見の方もいると思います。ただ、英語をなぜ学ぶのかということはどの点においても非常に重要なので自分に問いかけてみてください。

以上。