読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新卒1年半でやめて海外逃亡したやつのブログ

バンクーバーのあれこれ、留学情報、英語、映画、ガジェットについて

これから留学する人に伝えたい留学する前にやっておくこと3つ

 

カナダ・バンクーバーに来てからかれこれ3年ほど経ちますが、社会人の方や学生の方、ワーキングホリデービザや学生ビザの方など様々な方にお会いしてきました。その中で留学する前にやっておいた方がいいことをシェアできたらと思います。

1.日本で勉強する

f:id:vanenglish:20160921113557j:plain


僕自身はカナダに来るまでは英語をちゃんと勉強したこと(センター試験を除く)はなかったし、来る前は仕事をしていたので勉強する時間を確保できませんでした。

ただ、幸運なことに英語の基礎(基本5文型とか関係代名詞とか)は大学入試の時にやっていたので身についてました。この基礎があるのとないのではだいぶ成長速度に差があります。今思えばこれがなかったらもっと悲惨な状態だったと思います。


英語の勉強だけでなく、スポーツや他の学習でも基礎ができている人とそうでない人の伸びかたは全然違います。土台がしっかりしていないと上に積み上げる知識が崩れてしまいます。(僕の友人で基礎なんてやらない派の人がいましたが、そいつは人に比べて記憶力が良い人でしたのでそういう人は基礎がなくても大丈夫かも。。。)


留学前までに自分の頭の中で簡単な文が作れるレベルまで到達しているのが望ましいですね。

 

2.ビザのことを調べる

f:id:vanenglish:20160921113714j:plain


留学に来るのにビザが必要になりますが、このことについてあまり調べてくる人が少ない印象を受けます。エージェントを通しているからビザのことは任せっきりにしていたばかりに自分の選択肢が狭まってしまったなんて話も聞きます。

自分が申請するビザで何ができて何ができないかを自分で把握しましょう。エージェントはあなたの人生に責任を持ってはくれません。彼らもビジネスでやっているわけですから。

カナダを例にあげると留学する際に観光ビザ・学生ビザ・ワーキングホリデーがあげられます。下記に特徴をまとめました。

  • 観光ビザ(ビジター)

    最長6ヶ月(延長申請可)まで。語学学校に通うことができるが、大学・カレッジには通うことができない。また働くこともできない。

  • 学生ビザ(スチューデント)

    原則通学期間と同じ長さ。一部の学生は働くことが可能。

  • ワーキングホリデービザ

    1年間働いてもOK。ただし学校に行けるのは半年。

と大雑把にあげましたがこれだけの選択肢が留学する際にあるのですが、今後のプランを考えてどのビザで入国すべきなのか慎重に検討すべきです。特にワーキングホリデービザは一生に一度しか同じ国では使用できないため安易に選択するのはおすすめできません。

海外就職を考えている方でまずは英語を勉強すると思っている方はまずはじめに学生ビザ or 観光ビザで入国し、その後ワーキングホリデーに切り替えることで長く滞在することができます。

また一部の学校(大学や公立のカレッジなど)では学生ビザ終了後にポスグラ(Post-Graduation Work Permit)を申請することで少なくても通学期間分の働けるビザを手に入れることができます。その後ワーキングホリデーを使用すればかなり長い間海外で働くことが可能になるわけです。

渡航前に自分の目標と状況を考えてしっかりしたビザのプランを練ってください。


3.十分な貯金をする

f:id:vanenglish:20160921113751j:plain

これは各々事情があると思いますが、お金はあった方が良いです。お金がないばかりに働かなくてはならず、十分な英語力もないので日本食レストランで働き、意外と居心地と給料がいいのでその後もずっと働いてしまい結局日本語しか話してない。なんて状況をみかけます。

お金があれば、働かずにカンバセーションクラブやミートアップなどネイティブと関わるイベントなどに気軽に参加できるし、飲みに行ったり、キャンプに行ったりして交流を深めることもできます。

ですのでできるだけお金は貯めてきてください。
※上記で日本食レストランとひとくくりにしましたが、日本食レストランでも日本人以外の方が多く働いているところもあります。

以上カナダで3年間留学生と会ってきた経験をもとに書きました。もし、何かありましたらコメントでお願いします。